信念のために躊躇なく変われる事

「ブレない人」とは
信念のために躊躇なく変われる事

どうにも乗り越えられない障害に
ぶつかった時は、
頑固さほど役に立たないものはない。
GW明けに仕事に来てみたらビルの1階に
Pepperが居てました。

期間限定らしいですが…

道行く人に話しかけたり、身振り手振りがあったり。
写真にも快く応じていましたよ(^.^)
なかなか社交的な性格のようです。

- ボーヴォワール -

頑固とは、かたくなに自分の態度や
考えを改めようとしないことをいいます。

みなさんも程度の差こそあれ、
知り合いや仕事関係などで
「このひとはなかなか頑固だなー」

と感じる場面があるのではないでしょうか。

ただ、気をつけないと
いつの間にか自分自身が頑固ものに
なっているかもしれません。

わたしもときどき頑固になっている自分に
ふと気づき
「またやってしまった。」
と、反省することがあります。

では、人はどうして頑固になってしまうのでしょうか?

職場などでよく見かけるのは、
これまでの慣習などを変えたがらない
ケースです。

「ずっとこれでやったきたんだから」
といわれた場合、
理屈うんぬんよりも漠然と変化に対して
不安を感じていることが多いもの。

そんなときには、
丁寧に不安を感じる原因を解消して
あげることが効果的です。

また、単に自分の意見を変えたがらない
ケースもあります。
だれでも他人から反対されれば
少なからず自分の意見を主張したくなりますが、
自分の意見を曲げたり、
自分の間違いを認めたくないという理由で、
かたくなにひとの話を聞かない場合
などです。

このようなときは、
あまり効果的な対応方法も見つからず
苦労するもの。

一方で、意見を変えることで
「ブレる人だ」と批判されてしまう
ケースもあります。

だれでも成長していく過程で考え方に変化が起きるのは自然なこと。
そのような変化であれば、
他人から批判されることも少ないでしょう。

では、どのような状況で
ひとは他人の考え方や方法手段の
変化について批判的になるのでしょう。

頑固のケースと同じように、
それが自己中心的なものであったり、
自身の損得勘定が見え隠れするような
場合が多いのではないでしょうか。

意識して心にないことをいったとしても
見透かされてしまうのが世の常。

いい意味での「ブレない人」とは、
「信念のためには自分の考え方や方法手段も
躊躇なく変えられるひとであり、
志や信念が尊いものであれば、
その方法手段も決して正義から
外れることがないひと」

ではないでしょうか。

信念のために躊躇なく変われる事」への1件のフィードバック

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です